夜は本にきまっています。本がなければ

何千何万の夜をどうやって越していけばいいのやら。

パゴダさんがいうには、昼は緑、夜は本、とか。

夜と本は切っても

切れない間柄。

 

精霊〜ジン〜の島へようこそ。

アーモンドにオリーブ、ヒマワリ、海に、灯台に、赤いヨット…

ジンたちはそんな島で生き生きと暮らしています。

ロップはジンの女の子。

ジンは気に入った人間にとりつくものだけど、

ロップはまだ小さくて、とりついたことがありません。

どうやってとりつくのかも知りません。

“あたしがとりつくにんげんって、

どんなかなあ” そんなロップ。

この子が

ロップ

ロップのふしぎな髪かざり

新藤悦子 講談社


 ブックデザイン ・脇田明日香

本・・・・

ときどき

絵・・・・

これは台所道具のおはなし絵本です。

なべにフライパンにおたまに、わたしたちは

たくさんの道具に世話になっています。

せっせとはたらいても戸棚のかたすみで

もんくもいわず、 待っていてくれる。でしゃばらず、

たよりがいがあって…そんな道具たち、

たまにははねをのばしてたのしんでほしい。

ココとおおきなおおきなおなべ

え ・おざきえみ 教育画劇

わらうきいろオニ

梨屋アリエ 講談社


ブックデザイン ・脇田明日香

この小さなオニの子は、ツノが3本もあって、色も赤でも青でもなく「きいろ」。

オカシイといわれたってなんだって、そうなんだからしかたない。

とくいはお手玉で、七つもいっぺんにまわせます。

たのまれればお手玉をいくらでもやってあげます。

みんながたのしんでくれればうれしいし。

ひとりでいるよりはまし。

だけど、なんでかな。そうしてるうちに、おなかがだんだんでっかくなって、

どんどんたぷたぷふくらんで……可笑しいんだか、せつないんだか。

きっと身につまされる人とそうでない人、同じくらいいるんだろうな。


注意書き〜かなぼうショップのあまのじゃくは音楽家で、歌もつくれば、

路上ライブもやります。一緒に歌いたい方は巻末に楽譜が付いています。

さよならのドライブ


ロディ・ドイル作

こだまともこ訳 フレーベル館


ブックデザイン ・城所潤

アイルランド・ダブリンに住む12歳の女の子、メアリー。将来の夢はシェフになること。でも、学校は「バッカみたい」だし、たったひとりの親友は引っ越してしまうし、大好きなおばあちゃんのエマーは病気で死にそう。

なのに、なにもできないし、しちゃいけないの。現実ってそんな、どうにもならないモヤモヤの連続なのね……そんなメアリーの前にひいおばちゃんタンジーの幽霊(!)が現れて、メアリの時間も空気も生き生きと流れだします。

コマッタことに愛があるほど別れは辛い。

でも辛いからってごまかしてしまうのは怖い。

優しさと勇気とユーモアにあふれた4人の女性たちの

物語。死を描きながらそこかしこにひかえめで

あたたかいユーモアが

ちりばめられています。

ひいおばあちゃんの幽霊、タンジー。

タンジーに出会ったのは、

古いトチノキの木の下。

ツツミマスさんと

3つのおくりもの


小峰書店

さかのぼること数年前、なにになりたい? それはね…という妄想職業図鑑のような、

小話集をつくった。「ツツミマスさん」はその中の1つで、他に「シラベマスさん」とか、

「トドケマスさん」とか……。 12の少しオカシナ職業。どれも何かにとりつかれて、

仕事が服を着て歩いているような職人かたぎの。

「ツツミマスさん」はその名の通り、つつむことにとりつかれて、

ただただつつんでつつんで、つつまれて、

暮らしていきたい、それだけなんです。つつめれば、ごきげん。

無上の喜び。紙や布や箱や紐やリボンでいっぱいの店で、ひとり、

「これ、つつんでくれる?」というひとがくるのを、

つつみながら、待っています。

「つつむ」って不思議。

〜つつむと、きっと、何かが変わる

ツツミマスさんは、そう思っています。

つつんでもらった人?

つつんだもの?

それは、つつんでみてのお楽しみ。

チキン!

いとうみく・作


文研出版

いいたことはなんだって言うし、

まちがったことはだいきらい。

まっすぐに相手をみて、

ごまかしのない、まるでヒーロー。

そんなかっこいい女の子が主人公。

でもどうしてだろう、ヒーローって、

そばにいると、正直うざい〜んだなあ。

魔女のレッスンはじめます

長井るり子・作


ブックデザイン ・岡本歌織

出版ワークス

おひさまののみかた、とか、

むかしもりのおちゃ、とか、

ふしぎなレシピがいっぱい。描いていると、

口の中で舌が「食べたい食べたい」と唸って、

1冊描きあげるまでに、すっかり太ってしまった。

もちろん魔女もちゃあんと出てくる。

ばあばちゃんの家のまわりといえども、アマゾンも出てくる。

フィンランド映画『ヘイフラワーとキルトシュー』を

また観たくなった。

ダジャレーヌちゃん 世界のたび

林木林・文


ブックデザイン ・倉科明敏(T.デザイン室)

303BOOKS

今夜の本にこんな物語をどうぞ

まわりにあるのは、最初の

ダジャレーヌちゃんや

コトリン

だんだん成長しちゃった

ダジャレーヌちゃんは、

由緒正しきダジャレ家系の娘。

ダジャレひっさげ、

空飛ぶトランクのトラさんと、相棒のコトリンと、

世界でダジャレ腕だめし。

タビタビタビスル〜ヤッパリパリガスキ〜!

ダジャレをさけべば、世界中の人がダジャレで返してくれます。

ダジャレーヌちゃんいわく

「ダジャレって、世界一短い詩でもあるんだなあ。

だからこれは、詩作の旅でもあるんだなあ。うんうん。

あたしは旅する詩人。吟遊詩人よ」


ダジャレーヌちゃんといっしょに1年2年世界旅行をして

すっかりヘトヘトだけど、世界中に知り合いができました。

タノシイなあ。