News

 

address : 〒600-8018

京都市下京区河原町通四条下ル

市之町251-2  寿ビル5F

tel・fax : 075-352-5408

mail : mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp

http://www.merry-go-round.co.jp/kyoto.html

…2014年のはじめてのメリーゴーランド。

ぼわんともる灯りのしたに、

ワサワサと絵や本を飾りました。

日暮れ時、古いビルのてっぺんで。

まるで森の中か木のうろにいるようです。

店主さんは本の守り神か妖精か。

その目が本の葉っぱの間で

キラキラ輝いているのを見ているうちに、

とろりと、いい時間が流れていきました。

Koubako

…2016年の展示風景を少し。

紙と木の匂いのする、

メリーゴーランドKYOTOで。

緑色の紗のカーテン。白緑の棚。

ここはいったいどこ?

「アナタヲミテイル」。

メリーゴーランドで

生まれたこたち。お話が

プチブックになりました。

昨年12月。神宮前のステキなカフェ、

シーモアグラスさんでの展示。

感謝です。

メリーゴーランドKYOTOは

まるで魔法のような本屋さんとギャラリー。

昭和初期の古い塔のてっぺんに、

葉っぱみたいな部屋があって、白緑の棚、

ゆれるガラス、緑のカーテン、

古い本と新しい本、絵本に物語に詩に

自然科学に歴史。風がいつも吹いていて、

うずたかく積まれた本の山のすきまに

ピカピカ光る眼が、さわさわと動く手が。

店主さんは、ことによると、本の妖精?

人間じゃないかもしれません…

メキシコからきた、ふたごの天使シェフと

料理コワイのコッペ。おまけの黒猫オサジ。

ささやかだけど、

てづくりの食卓で、すうぷをいただきます。

美味しく食べれば、なんとかなる。

そんなきもち、

そんなあいさつをこめて。

京都はなぜかベレー帽、ベレー帽、

またまたベレー帽…つぎつぎつぎ。

フシギ!

ふと、ダイアン・キートンの映画、

“Hampstead”

〜『ロンドン、人生はじめます』を

おもいだしました。

ジャガード織のコートに、ベレー。

CAFE
SEEMOREGLASShttp://seemoreglass96

「ボナ・ペチ!〜めしあがれ」展。

メリーゴーランドKYOTOの光景を。

きてくださったみなさん、感謝をこめて

ヘタな写真ですが、風景を紹介。

いつかかならずまた。

魔女修行中のすてきなあのこにも!

会いたいな。

ねこのこととかnekonokototoka.html

お手紙メールは

こちらまで

月の沈黙(しじま)を友として〜

PER AMICA SILENTA LUNAE

月の展覧会

11月26日(土)〜12月18日(日)まで。

13:00~19:00 月・火休廊


ティルナノーグ・ギャラリーで、

素敵な催しが開かれます。月です。月夜です。

知っていますか? ヒトが誰かに

連絡したくなるのは、満月の時だということを。

時に日の光は強すぎる。そんな気がします。


月にまつわる、現代アートたち。

こがしわのヘンテコな画も、そぉっと

バックヤードにいます。

舞台袖からのぞく月を想像してください。

猫と月は親しい間柄。

マーリンもすみっこにいるかも。

在店予定・未定。

「カフカの猫」にて作家

ハンター京子さんによる

朗読会もありましたね。

古いおうちの雰囲気と

あいまって、リュートの音、

素敵な時間となりました。

物語を読んでもらうというのは

本当にイイモノです。

前回の展示風景も

いりまじってます。

ちらかったままで

ゴメンナサイ。

くろねこマーリンと
なかまたち展、
ティルナノーグギャラリー↓にて
春でした。
https://tirnanogtokyo.com/

勿体ないような、ユニークで。
素敵な時間。
スノードームに閉じ込めて
おきたいような
ちいちゃなかがやく時間になりました。https://tirnanogtokyo.comshapeimage_27_link_0

Tir na nog Gallery

〒156-0044

世田谷区赤堤2-43-18

tel: 03-3322-1100