News

 

address : 〒600-8018

京都市下京区河原町通四条下ル

市之町251-2  寿ビル5F

tel・fax : 075-352-5408

mail : mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp

http://www.merry-go-round.co.jp/kyoto.html

…2014年のはじめてのメリーゴーランド。

ぼわんともる灯りのしたに、

ワサワサと絵や本を飾りました。

日暮れ時、古いビルのてっぺんで。

まるで森の中か木のうろにいるようです。

店主さんは本の守り神か妖精か。

その目が本の葉っぱの間で

キラキラ輝いているのを見ているうちに、

とろりと、いい時間が流れていきました。

Koubako

…2016年の展示風景を少し。

紙と木の匂いのする、

メリーゴーランドKYOTOで。

緑色の紗のカーテン。白緑の棚。

ここはいったいどこ?

お手紙メールはこちらまで

2021年の10月末に、また

メリーゴーランドKYOTOで

個展をできる予定です。

詳しいことは、7月ごろにと

思っています。

またお会いできますように。

祈りつつ。

 

アナタヲ ミテイル

道のはじから 

街灯の影から

箪笥のすきまから

つくえの下から

あなたの きづかない

どこか遠くから

いつでも かならず

ミテイルヨ

『アナタヲミテイル』

展示風景、少しアップしました。

ちらかったままで

ゴメンナサイ。

なぜかベレー帽、ベレー帽、

またまたベレー帽…つぎつぎつぎ。

素敵なおきゃくさんに、

ベレー帽、のフシギ! 京都で

はやっているのかな?

ふと、ダイアン・キートンの映画、

“Hampstead”

〜『ロンドン、人生はじめます』を

おもいだしました。

ジャガード織のコートに、ベレー。

高い高い塔の上にある本やさん。

そこには妖精がさわさわと。

妖精だって、いろいろあるのよ。

この本を読めばわかります!

メリーゴーランドKYOTOは

まるで魔法のような本屋さんとギャラリー。

昭和初期の古い塔のてっぺんに、

葉っぱみたいな部屋があって、白緑の棚、

ゆれるガラス、緑のカーテン、

古い本と新しい本、絵本に物語に詩に

自然科学に歴史。風がいつも吹いていて、

うずたかく積まれた本の山のすきまに

ピカピカ光る眼が、さわさわと動く手が。

店主さんは、ことによると、本の妖精?

人間じゃないかもしれません…