にわかにはしんじがたい話です。

もしかすると、ツボが話した、というのはウソで、

パゴダさんの作り話やもしれません。だって、ツボは、

パゴダさんにしか話さないのです。

そもそもパゴダさんってなにもの?


パゴダ・ハウスとはパゴダツリー(エンジュ)の大木があるから。

(英名でパゴダツリーはおおまかにエンジュの木をさすそう。

仏塔=パゴダのそばに植えられていること多いからとか)

いつのまにかそうよばれるようになりました。パゴダみたいにとんがった家の形、

エンジュの木かげ、昼間の月、やまない風…連想です。

ですからもちろん、パゴダさんは仮の名です。


家主より

家主について

小柏 香

こがしわかおり

ある日、貸家の札をみて、たずねてきたひと。

それがパゴダさんでした。

家主はなかなか借り手がつかなかろうと

おもっていましたから、大よろこび。

家は古いけれどわるくはない、でも問題がひとつ。

それは…家じゅうツボだらけだということ。

それとパゴダハウスについて〜しょうこりもなく家主から

もとはといえば、旅人のわすれものツボひとつ。

ところがツボはいつのまにか、ふえにふえて、ツボツボツボツボだらけ!

いったいどうしたわけでしょう。

家主はとほうにくれました。そこで貸し家札に書いたのは。

〜貸家 日あたりよし ただしツボだらけ 

「お安くします」と書きそえて。


パゴダさんは、人ひとり、ネコいっぴき、カラスいちわの暮らしだから

かまやしません、といいました。それから、

「いろいろしまえて、べんりそうだし」とも。


パゴダさんがひっこしてきた晩。パゴダさんが息せききって、

あらわれました。ほっぺたをあかくして。

「ツ、ツボが」

聞くところによると…

1968年生まれ。絵本や童話など、こども向け本の仕事に従事。ブックデザイン・イラスト。日本画を師に学ぶも、ほぼ独学。『はくさいぼうやとねずみくん』(新日本出版社)、『くろねこマーリン』(ティルナノーグ出版)、『おうちずきん』(文研出版)、『ツツミマスさんと3つのおくりもの』(小峰書店)、』(四季の森社)、『ダジャレーヌちゃん 世界のたび』(303BOOKS)、『だれも知らない葉の下のこと』(四季の森社)、『ちいさなおはなしやさんのおはなし』(小峰書店)、『料理しなんしょ』『童話集・白いおうむの森』(偕成社)、『チキン!』(文研出版)、『ちいさなおはなしやさんのおはなし』(小峰書店)、『料理しなんしょ』『童話集・白いおうむの森』(偕成社)、『ぼくたちはなく』(PHP研究所)、『ロップのふしぎな髪かざり』『わらうきいろ他もろもろ、ブックデザインは『日本の生きもの図鑑』『おつきさんのぼうし』『あ、はるだね』『クジラにあいたいときは』『ようちえんのおひめさま』『せんそうしない』(講談社)、『カタカタカタ おばあちゃんのたからもの』(ほるぷ出版)、『あのねあのね』(あかね書房)、「今森光彦の切り紙の本」シリーズ、『うまれてきてくれてありがとう』、『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』「かんぱい!」シリーズ(既4巻)、「どーんとやさい」シリーズ(童心社)、「すみれちゃん」シリーズ、「ちいさなやさいえほん」シリーズ、『荒野のマーくん』(全2巻)、『雪窓』『てんぐのくれためんこ』『ゆきひらの話』『緑のスキップ』『サリーおばさんの一週間』『さいでっか見聞録』『六月のリレー』『コロッケくんのぼうけん』(偕成社)、『おひさまとおつきさまのしたで』(教育画劇)、など諸々.。

夜おそく、かたづけものをしていたパゴダさんは、

ツボから、オカシナ音がきこえてくるのにきづいたのだそうです。

おそるおそるツボのおなかに耳をあててみると…なんと、

ツボはぷつぷつと、なにかしゃべっています。


耳をすますと、たいていのツボは、「きょうはウグイスがないていたね」とか、

「チーズを焼くとこうばしいね」なんて、たわいない話。

でも、ときには、奇想天外冒険の話だったり、おばあさん?から

聞いたよ、などといって、古い森の言いつたえも。


それからというもの、パゴダさんは、仕事をおえて

遅い晩ごはんを食べると、ツボのそばにすわるのが

なによりの楽しみになっています。話すツボはひと晩にひとツボだけ。

今日はどのツボにしよう、どんな話が聞けるかな…とかんがえると、

仕事のつらさもきになりません。


パゴダさんは、聞いた話を書きとめておくことにしました。

話すあてがあるわけではなく。どちらかといえば、

人みしりでしたし。家主にだって、まだほどほどのおあいそで。

家主がお家賃のことなどで、たまにたずねるようになると、

パゴダさんは、ついでかのように

ツボから聞いた話を、メモをめくりめくり話してくれるようになりました。


パゴダさんほどひかえめでもなく、話好きの家主のせいで、

だんだんとツボの話を聞くなかまがふえていったのは、

とうぜんのことといえばとうぜんでした。

ねこのこととかnekonokototoka.html